音源のこと

ももいろクローバーZ「祝典」のこと

ももクロ、ちょうど3年ぶり6枚目のアルバム。もはやメジャーデビュー初期のようなトリッキーな楽曲はほぼありませんが、言ってみれば彼女たちのメジャーデビュー以降、そんなトリッキーさをベンチマークして活動する地下アイドルがそれこそ山ほど出現した結…

Tears For Fears「The Tipping Point」のこと

Tears For Fears、17年ぶりのアルバム。1989年に3rd「The Seeds Of Love」をリリースした後の1990年にCurt Smithが脱退して、それ以降2作はRoland Orzabalのソロユニットとしての作品だったわけですが、2004年に再び2人合流してのアルバム「Everybody Loves …

The Divine Comedy「Charmed Life-The Best Of The Divine Comedy」のこと

私がNeil Hannon=The Divine Comedyを知ったのは1994年。 渋谷HMV3階、レジの前を通って棚が並んでいるフロアの左から3つめの試聴機。それから閉店に至るまでの間、東京中で私が最も信頼を置いていた試聴機での最初の「発見」が彼の2ndアルバム「Promenade…

They Might Be Giants「Book」のこと

洋楽を聴き始めてからいろいろありました。 パンクの全盛期に遅れたことに少し劣等感もあったりしたのですが、ちょうど多感な時期にハウスやらテクノやらマンチェスターやらシューゲイザーやらグランジやらメロコアとかがどかどかと出てきて、そりゃ面白かっ…

ABBA「Voyage」のこと

ABBAの40年ぶりのニューアルバムが11月5日にリリースされました。 まず音源の内容云々の前にそのタイムラインにビビる。 前作「The Visitors」は1981年11月リリース。CDが初めて発売されたのが1982年10月ですから、今回のこのアルバムが「ABBA史上初めてCDが…

ケラ「まるで世界」と「松本隆トリビュート」のこと

最近出たカバーアルバム2種。ケラ「まるで世界」はアナログで購入。色がとてもきれいなカラーヴァイナル仕様。要するに「モノ」としてとても欲しかったんです。 有頂天の「心の旅」「アローン・アゲイン」、LONG VACATIONの「エノラ・ゲイの悲劇」「シェリー…

上白石萌音「あの歌」のこと

上白石萌音と佐藤栞里の2人ロケ映像は、現代のテレビ番組界において、動物の赤ちゃん映像に次ぐレベルの破壊力を持っているのではないかと思っているのですが、そんな上白石萌音のカバーアルバムがリリースされました。70年代の楽曲を収めた盤と80-90年代の…

Weezer「Van Weezer」のこと

まさにそのタイトルのような、そういう作品を制作しているということは既に2年ほど前から明らかになっていたアルバム。 馬鹿だなあと思いつつワクワクしながら聴いたのですが、やっぱりWeezerはWeezerでした。 ライトハンドとかそれっぽいギターエフェクト等…

Dry Cleaning「New Long Leg」のこと

グランジがブームになる以前のオルタナティブの匂いがするバンドが4ADからリリースしたニューアルバム。NirvanaとPearl Jamを筆頭に、1991年頃から「グランジ」と呼ばれる音楽カテゴリがブームになったわけですが、それ以前からオルタナティブな指向性のギタ…

「筒美京平 SONG BOOK」のこと

筒美京平楽曲のカバーアルバム。生前から企画されていたということですが、結局本当の意味での「トリビュート・アルバム」的な形でリリースされました。これがとてもいい。 通常のカバー曲集、トリビュート・アルバムは企画から各ミュージシャンの担当曲を決…

Climb The Mind「蕾」のこと

去年11月にニューアルバムが出ていた。気付かなかった。慌てて発注しました。1999年結成、名古屋拠点で活動中の3ピース。今回の新譜でオリジナルアルバム4枚目というなかなかの寡作っぷり。 自分が彼らを初めて聴いたのはたぶん2010年、どっかのレコ屋の試聴…

2020年のアルバム10枚のこと

2020年の10枚。Creeper / Sex, Death & The Infinite Void かっちょいいのだけど「シンプルなロックンロール」ぽい瞬間はあってもとてもそれとは断言できない、何かいろいろ含みまくった謎の音源。 Beabadoobee / Fake It Flowers 鉄板ですが。みんな大好き…

The Beatles楽曲の60-70年代のカバー集のこと

カバー曲を探すのもずいぶん楽になりました。よほどベタなタイトルでない限りはストリーミングサービスで曲名検索かければアホみたいに出てきます。 輸入盤屋で時間かけて店頭に並んだCDシングルの裏面見ては曲名読み込んでいた当時の自分は何だったんだろう…

Taylor SwiftとErasureとXの新譜のこと

最近聴いた音源のことをざっくり。Taylor Swift / Folklore彼女の音源は「とりあえず押さえておく」程度でしか聴いてなかったんだけど、このニューアルバムを聴いた時「こういうの好きなんだろ」と言われているような気がしました。 実際好きなのだからもう…

sora tob sakana「deep blue」のこと

sora tob sakanaのラストアルバム。買ったのはライブDVD付きの7,000円のヤツ。 5月、sora tob sakanaの解散が発表された時、確かに驚きはしたのだけど、どこかで自分としては腑に落ちる部分があったのも事実で。まず、メジャーに上がってからの曲の変化。 イ…

イヤホンズ「Theory of evolution」のこと

アニメはわかりません。 あんまり触らないようにしています。自分がオタク気質であることは十二分に理解していますが、理解しているが故に自制が働くのです。 自分はギャンブルや風俗、ネトゲやソシャゲには一切手を出さないと固く心に誓って生きています。…

国道が曲名についた楽曲に246がやたら多いこと

乃木坂46の新曲「Route 246」、前曲の握手会がガンガン延期になっているというか、開催の目途すら立っていない中、さすがに新曲は盤で出すわけにもいかず配信限定、でもそこはそれ、小室哲哉を連れてきて話題作りは万全。いざ聴いてみたら必要以上に小室哲哉…

最近のGEOのこと

各店、一斉の営業自粛や営業時間の短縮もありましたが、ようよう通常の営業時間に戻りつつあります。 今現状、戻ってええんかという思いもありますが、言うてもビジネスですから、ダメって言われなければ営業はします。で、何となくこれまでと異なる雰囲気に…

THE STALIN「trash」のこと

買うわけですよ、おっさんだから。ディスクユニオンで。THE STALINの再発アルバム「trash」が7月5日(日)付のオリコンCDアルバムチャートの1位になったのを見て笑った。 1981年、まだ日本では「インディーズ」という言葉も使われていなかった頃の「自主制作…

Dream Wife「So When You Gonna...」のこと

Dream Wife、2年半ぶりの2ndアルバム。 1stアルバムは2018年の洋楽の中でも屈指の出来だと思っていたのですが、オルタナなサウンドの中にもどこかUKっぽさというか、もっと言ってしまえばニューウェイヴっぽさを感じていて、その感触はサマソニでライブを観…

マハラージャンのこと

普段つるんでいるメンツ、会うことは多くないけど比較的濃くSNS上で繋がっている仲間。そういう、自分が絡んでいるいくつかのコミュニティ。 音楽についても絶大な信頼をおいていて、彼ら彼女らが紹介してくれる過去現在の音楽はだいたいどれも面白くって。…

Pet Shop Boys「Hotspot」のこと

Pet Shop Boysくらい働き者のユニットもいないと思います。デビュー36年目にして14枚目のアルバム。海外の大御所としては相当なペース。オリジナル・アルバムの間が4年空いたことがない。 そして、各アルバムで様々なチャレンジはしつつも、デビュー時にニー…

長谷川白紙「エアにに」のこと

昨日NHKに出ていたまふまふが、ボーカロイド楽曲のすごいところは「人間が歌うことを前提にしていない」ところ、のようなことを言っていました。 確かに何となれば一瞬のブレスの隙もないような曲だって歌わせることができるし、ボカロPの中には既に「ブレス…

Official髭男dism「Traveler」のこと

Official髭男dismのニューアルバム「Traveler」がやっぱりすごかった。彼らについては認識するのが本当に遅くて、名前は聞いたことあるけど「何か変な名前だな」で終わり、「ノーダウト」は聴いたことあるけどその時は彼らだとは気が付かなくて、そしてある…

3776「歳時記」のこと

静岡県富士宮市のローカル・アイドル、と普通に言っていいのかどうかもわからなくなった3776のニューアルバム。即興曲によるライブとか、LINKモードとか、「井出ちよの」名義の作品とか、どっちかといえば怒涛気味の活動は継続していたのですが、3776名義の…

川本真琴「新しい友達」のこと

川本真琴のニューアルバム「新しい友達」を買ってきました。ソニーというレーベルは、きちんと売ってくれることが多いのですが、売るために無茶することが他のレーベルより多めです。 元々自作曲を歌っていた人に無理くり他人曲をあてがってみたり、バンドに…

ポップしなないで「禁じられてはいない遊び」のこと

The White Stripesを初めて聴いた時はそりゃビビったもんです。何この異常に生々しいの。 で、この音は完全にギターとドラムと歌しか鳴ってない、ということを理解して何となく腑に落ちました。パーツが少ない分それぞれの音はその曲での存在感を増し、メロ…

BAROQUE「PUER ET PUELLA」のこと

8月6日、大阪ZEAL LINKも閉店し、ZEAL LINKという屋号が姿を消しました。 ヴィジュアル系のバンド、いいバンドは今もいますし、新人バンドも出てきています。が、なかなか「元々ヴィジュアル系好き」なコミュニティの外に出ていけるようなバンドがいない、と…

2019年上半期の10枚のこと

2019年上半期の10枚。 これまではiTunesにCD食わせてその中から選んでいたのが、最近はさすがに洋楽はかなりストリーミングで聴く癖がついてきて、そうなると「あれ、どれ聴いたっけ?」的な感じのも出てきて、メディアの違いでいろいろ面倒臭い事態に。 そ…

サカナクション「834.194」のこと

サカナクションのニューアルバムは、ものすごい納得感のあるアルバム。ここまでバンドの音楽的な構造をつまびらかにしていいのか、と思うレベルで。 このアルバムは「ユリイカ」と「セプテンバー」のアレンジや置き場所だけ見ても「2枚組アルバム」と言うよ…